犬の副腎皮質機能低下症にはフロリネフ錠

《最新価格》 最安価格
1本100錠 ¥3,268~

ワンちゃんの寿命を長くしたい場合は、
フロリネフ錠とともにストレスのかからない食生活を送ることが重要です。

アジソン病と診断されても、5年・10年と通常の寿命を生きる犬猫も沢山います。

「フロリネフ」は、個人輸入の出来るお薬です。動物病院で購入するより、安価で購入出来ます。

フロリネフは1日1~4錠の投薬を目安に使用し、
最安3,268円にて下記より購入が可能です。

「副腎皮質機能低下症」は、イギリスの医師「トーマス・アジソン」のより発見されたことから「アジソン病」と呼ばれることの多い病気です。

大変珍しい病気であることと、病気の症状が他の病気との区別が付きにくいことで有名です。

「副腎皮質」の機能が低下することにより、起こる病気です。

●副腎皮質機能低下症の副腎って?

「副腎」とは、腎臓の手前にある小さな器官のことを言います。
左右の腎臓に、それぞれあります。
小さい器官で豆粒くらいの大きさですが、生きていくために重要な役割をはたしているのです。

「副腎」は、皮質と髄質から出来ています。
それぞれに、数種類のホルモンと神経伝達物質を作って、分泌しています。
皮質からは、糖質コルチコイド、電解質コルチコイドが、髄質からはアドレナリンが分泌されています。

一般的に糖質コルチコイドのことを、ステロイドホルモンと言います。
アトピーの治療やリュウマチの治療で使う、あのステロイド剤も糖質コルチコイドのことです。

●副腎皮質機能低下症の副腎皮質って?

「副腎皮質」は、3層になっています。
外側から、「球状帯」・「束状帯」・「網状帯」の3層です。
それぞれに、異なったホルモンを作り、分泌しています。
これらのホルモンを、ステロイドホルモンと言います。

「副腎皮質機能低下症」では、このステロイドホルモンが作れなくなります。
その為「フロリネフ」を使用し、ステロイドホルモンを補います。

「副腎脂質」は、代謝機能に大きく関わりがあります。
その為、「副腎皮質機能低下症」の初期症状として「体温の低下」があります。
平熱が分からないと、体温の低下に気が付くのが遅れます。
日ごろから、愛犬の平熱を覚えておくことが大事ですね。

●副腎皮質機能低下症には、フロリネフ?

「フロリネフ」は、アルドステロンの作用が強いお薬です。
アルドステロンが不足する場合に、主に使用されます。
「副腎皮質機能低下症」と診断されたときに処方されますが、主に小型犬に処方されます。

体内で作れない為に不足してしまうホルモンを補う為に、毎日「フロリネフ」を飲ませる必要があります。
体重や体調、病気の進行状況により処方される「フロリネフ」の量が変わります。

現在の所、完治する治療法はなく、「フロリネフ」のような不足する分を補う方法での治療方法になりますので、生涯投薬が必要になります。

「フロリネフ」は、動物病院で処方されるお薬です。
ですが、同じ「フロリネフ」が個人輸入でも購入出来ます。
日本の動物病院で購入するより、安価で購入出来ます。

愛犬が「副腎皮質機能低下症」と診断され、生涯「フロリネフ」を投薬しなければならないとなった時。
一度、個人輸入での「フロリネフ」の購入も視野に入れられては如何ですか?

フロリネフ錠 個人輸入と通販最安値

「フロリネフ」は、個人輸入が可能で動物病院よりも、安価で購入出来ます。

《最新価格》 最安価格
1本100錠 ¥3,268~

フロリネフは1日1~4錠の投薬を目安に使用し、
最安3,268円にて下記より購入が可能です。