フロリネフ錠の個人輸入/通販
犬のアジソン病をサポート!

寿命は飼主様のケアで変わります!愛情サポートで長生きを!

ワンちゃんの寿命を長くしたい場合は、
フロリネフ錠とともにストレスのかからない食生活を送ることが重要です。

アジソン病と診断されても、5年・10年と通常の寿命を生きる犬猫も沢山います。

「フロリネフ」は、個人輸入の出来るお薬です。動物病院で購入するより、安価で購入出来ます。

《価格比較表》 他店価格 ご案内価格
1本100錠 10000円~ 4000円~
フロリネフは1日1~4錠の投薬を目安に使用し、
1本100錠入りで4000円以下にて購入が可能です。

フロリネフ錠の特徴と効果をご解説!

「フロリネフ」は、ステロイドホルモンの一種です。 なかでも、塩類代謝作用が強いのが特徴です。

犬や猫、ペットの体のナトリウム分を増やして、血圧をあげてくれる作用をします。 慢性の副腎不足で体のナトリウム分が不足しているときに、使用されます。

「フロリネフ」の有効成分である、酢酸フルドロコルチゾンは合成ホルモンの一種です。 犬や猫、ペットのコルチコイドの欠乏の治療に使用されます。

フロリネフは、どんな病気に処方される?

「フロリネフ」は、塩喪失型の先天性副腎皮質過形成症や、慢性副腎脂質機能不全などの治療に処方されます。

慢性副腎皮質機能不全とは、「アジソン病」と呼ばれている病気です。 「アジソン病」の場合、かかってしまうと生涯治らない病気です。 その為、生涯、毎日「フロリネフ」を使用することになるでしょう。

毎日使用しなければなりませんが、メリットもあります。 不足してしまうホルモンを、「フロリネフ」を使用することで補えるので、通常の生活が送れるようになります。

フロリネフの効果

フロリネフは、アジソン病によって分泌されなくなってしまった副腎皮質ホルモンの一種である「鉱質コルチコイド」を補ってくれます。

この鉱質コルチコイドは、体内でのカリウム・水素イオンの排泄や、ナトリウムイオン・水の再吸収を行ってくれる体の調整ホルモンです。それによって、体内の水分量と電解質量を調整し、血圧を上昇させて通常の血圧を維持しているのです。

この鉱質コルチコイドが分泌されなくなってしまうと水分量と血圧を調整することが出来なくなってしまうので、いつもは元気いっぱいの犬猫がなんとなくぐったりしてしまう症状が現れます。 これをアジソン病と言います。

アジソン病になる原因ははっきりしませんが、特に雌犬に多いようです。

そこで、このフロリネフを内服します。 このフロリネフは、人工的に合成した副腎皮質ホルモンの鉱質コルチコイド。 体内に入ると、自分が分泌したものと同じように働いてくれます。

フロリネフの使用方法

アジソン病の維持療法として、
犬…有効成分フルドロコルチゾン酢酸エステルを0.1mg~0.4mg
猫…有効成分フルドロコルチゾン酢酸エステルを0.1mg
上記を投与します。
こちらは、不足した鉱質コルチコイドの補充を目的として内服するため、毎日・一生飲み続ける薬になります。

フロリネフの副作用

「フロリネフ」の主な成分は、酢酸フルドロコルチゾンです。 酢酸フルドロコルチゾンに対して、アレルギー反応の出る犬には使用できません。

「フロリネフ」は、他の薬と相互作用を起こす可能性があります。 愛犬が「アジソン病」以外にも患っていて、他にも薬を処方されているときは、十分に獣医に確認をしましょう。 薬同士が喧嘩をして、効果が出ないばかりか症状を悪化させてしまうケースがあります。

お薬だけでなく、健康の為に与えているサプリメントとも相互作用を起こす場合がありますので、たかがサプリメントを考えずに獣医に相談してから与えるようにしてください。

「フロリネフを」飲ませ始めたばかりの時には、消化不良を起こし食欲が落ちることもあるようです。 まれに下痢や嘔吐を、起こすこともあります。 情緒不安定になるせいか、遠吠えのような普段はしない鳴き方をする犬もいるようです。

しかし徐々に体が「フロリネフ」に慣れてくれば、症状も落ち着く場合が多いです。 獣医と相談して、徐々に「フロリネフ」の量を増やしていく飲ませ方が一般的です。

副作用の具体事例・最新情報を知りたい方へ

副作用の具体的な事例を確認したい方は、下記の「農林水産省 動物医薬品検査所」の各ホームページや「公式メーカー」の情報もご参照ください。

【農林水産省 動物医薬品検査所】

副作用情報データベース
動物医薬品等データベース

【メーカー公式サイト】

アスペン・ファーマ

フロリネフ錠のよくあるご質問

アジソン病の名前の由来は?

「副腎皮質機能低下症」のことを、「アジソン病」と言います。 イギリスの内科医、「トーマス・アジソン」によって発見されたので、「アジソン病」と呼ばれるようになったそうです。

アジソン病になるのは、犬だけ?

「アジソン病」は、「犬」だけでなく猫にも発症する病気です。

ですが、猫よりも「犬」の方が多く「アジソン病」を発症します。 オス「犬」よりも、メス「犬」の方が、「アジソン病」を発症しやすいと言われています。 シニア「犬」よりも、4才くらいまでの比較的、若い「犬」が「アジソン病」を発症しやすいようです。

比較的、「犬」の病気としては「アジソン病」は珍しい病気にはいりますが、治療によって通常の生活が出来るようになる可能性のある病気です。

どんな病気にも当てはまりますが、「アジソン病」も「早期発見」・「早期治療」が大切です。

アジソン病は、治る?

一度働かなくなった副腎は、ほとんどの場合、元通りになる可能性は低いです。 ですから「アジソン病」の治療を始めた場合、生涯治療が必要になります。 生涯にわたり、ホルモン剤を補充します。

アジソン病の治療・寿命は?

慢性型のアジソン病は、不足している副腎皮質ホルモンを飲み薬で補います。 こちらは、鉱質コルチコイドのお薬で、一生続ける必要性があります。 また、ストレスがかかると一気に病状が進行してしまう可能性が指摘されているので、寿命を長くしたい場合は、投薬とともにストレスのかからない生活をすることが重要です。

アジソン病と診断されても、5年・10年と生きる犬猫もいます。 しかしそれは、ステロイド剤やホルモン剤で治療を受けての事。 体の中で異変があることが事実ですから、きちんと獣医さんと連携を取っていれば、寿命を全うすることが可能ですよ。

アジソン病をよく理解して、病気と付き合っていくことが大切ですね。

フロリネフ錠の最新情報

2018.10.12
犬猫の低血圧/アジソン病のフロリネフ錠を解説

2018.09.13
犬猫の低ナトリウムの症状とフロリネフを解説

2017.03.09
フロリネフ錠とステロイドの関係 – 副作用を正しく知ろう

2017.03.09
フロリネフ錠とプレドニンの違い – 犬猫アジソン病の治療

2017.03.03
フロリネフ錠の効果 – 正しい使用方法をご解説

お問い合わせ運営者情報サイトマッププライバシーポリシー