フロリネフ錠とプレドニンの違い – 犬猫アジソン病の治療

《最新価格》 最安価格
1本100錠 ¥3,268~

ワンちゃんの寿命を長くしたい場合は、
フロリネフ錠とともにストレスのかからない食生活を送ることが重要です。

アジソン病と診断されても、5年・10年と通常の寿命を生きる犬猫も沢山います。

「フロリネフ」は、個人輸入の出来るお薬です。動物病院で購入するより、安価で購入出来ます。

フロリネフは1日1~4錠の投薬を目安に使用し、
最安3,268円にて下記より購入が可能です。

犬猫が最近元気がなくなった、散歩に行きたがらない、ちょっと痩せてきた…など老化現象のようにとらわれやすい病気の1つに「アジソン病」があります。

このアジソン病は、治療のために一生薬を飲み続ける必要がある病気です。
薬でコントロールできればアジソン病に侵されながらも寿命を全うすることが可能です。

今回は、このアジソン病で使用されやすいフロリネフやプレドニンについてお話します。
アジソン病の症状なども詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

■アジソン病とは■

犬猫の体には、調子を整える「ホルモン」が多数存在します。
その中で、副腎と呼ばれる器官から分泌されるものがあります。
副腎の皮質から分泌されるものを「副腎皮質ホルモン」、副腎髄質から分泌されるものを「副腎髄質ホルモン」と言います。

副腎皮質ホルモンには、主に血糖の量を調節する糖質コルチコイド(コルチゾール)と、ナトリウムイオンや水素イオンなど体内のイオン濃度を調節する鉱質コルチコイド(アルドステロン)があります。

副腎髄質ホルモンは、アドレナリンやノルアドレナリンと言った、興奮作用に関するホルモンが分泌されています。

アジソン病は、このうち副腎皮質ホルモンが少なくなる・出なくなる病気です。

アジソン病にかかると、

・元気,食欲がなくなる
・痩せてくる
・多飲,多尿になる
・震えがおこる
・脱水症状が起こる
・徐脈
・嘔吐,下痢

上記のような症状がでますが、一見すると老化現象のように感じられ、特徴的な症状がないのも事実です。
犬に関しては症状に波があり、良くなったり悪くなったりを繰り返すうちに、飼い主が病気ではないと勘違いして手遅れになる場合も多いという報告があります。

動物病院で血液検査をすると、低ナトリウム・高カリウムなどの結果が出てきますので、その他の症状と合わせてアジソン病だという診断が可能です。

■アジソン病の治療薬「フロリネフ」「プレドニン」■

アジソン病の治療には、フロリネフという薬が使用されます。
このフロリネフは有効成分フルドロコルチゾン酢酸エステルを含みます。
この有効成分は、副腎の機能を回復する薬ではなく、副腎皮質から分泌されるホルモンを人工的に合成したものになります。
体内で不足した分を、内服で補うため、薬は一生飲み続ける必用があります。

フロリネフは副腎皮質から分泌される鉱質コルチコイド(アルドステロン)の変わりを果たします。

もう一つ、アジソン病の治療に良く使用される薬がプレドニンです。

このプレドニンは糖質コルチコイド(コルチゾール)の代わりを果たします。
炎症を抑えたり、免疫を抑えたりするために治療薬として一般的に使用されています。
動物病院でステロイド薬と言えばプレドニンというように、とても良く処方される薬です。

ところが、プレドニンは炎症を抑える効果が優れているために、犬猫の炎症が起こる→免疫細胞が活性化して炎症を抑えるという一連の流れを止めてしまうために、免疫力が下がってしまいます。
免疫力が下がると、違った病気にかかってしまう可能性が十分に考えられますので、使用する際は獣医師とよく相談して決定しなければなりません。

アジソン病では、
1、糖質コルチコイドだけの分泌減少
2、鉱質コルチコイドだけの分泌減少
3、糖質コルチコイド・鉱質コルチコイドの両方の分泌減少
この3つが混在しています。

どの副腎皮質ホルモンが減少しているかによって使用する薬が異なります。

糖質コルチコイドだけの分泌減少ならプレドニン、鉱質コルチコイドだけの分泌減少ならフロリネフ、両方の分泌減少ならプレドニンとフロリネフの両方を使用する必要があります。

この使用量は、とても厳密に計算しなくてはいけません。
そのためには、独自で判断をせずに、動物病院で獣医師とよく相談したのちに、犬猫の体調や血液検査をして、犬猫に合った治療薬を選択してくださいね。

フロリネフ錠 個人輸入と通販最安値

「フロリネフ」は、個人輸入が可能で動物病院よりも、安価で購入出来ます。

《最新価格》 最安価格
1本100錠 ¥3,268~

フロリネフは1日1~4錠の投薬を目安に使用し、
最安3,268円にて下記より購入が可能です。